ゴンチャロフ製菓のチョコやゼリーの味の評判は?

ゴンチャロフ製菓の悲しいニュースが出ていますね。

毎日新聞が報道しているのをツイッターのタイムラインで見つけました。

こういう食べ物を作っている会社ってイメージが他の業種よりも重要だと思います。

いくら美味しい物を作っている会社でも、その会社の労働状況がブラックだと素直に美味しいと言えなくなる気持ちって有りませんか?

このゴンチャロフ製菓という名前は今回のニュースで初めて知ったのですが、100年近く歴史のある老舗の製菓会社なんですね。

始まりは白系ロシア人が起こしたというのに歴史を感じます。

今回のニュースは創業者のこの白系ロシア人の方も悲しんでいるでしょう。

ゴンチャロフの味の評判は?

今回のゴンチャロフ製菓のニュースを見て、購入する機会があったとしても、購入は避けると思います。

ツイッターを見ていると不買の対象だと断言している人も居ます。

こういう製菓会社というのは代わりがいくらでもある業種。

不買はし易いです。

それでもここのチョコレートやゼリー、クッキーは美味しかったのに残念という声もあります。

まあ美味しかったけどもう買わないと、その後にその方はつぶやかれていましたが…。

ゴンチャロフ製菓のお菓子が美味しいと言っても、代わりになるものが無いというレベルでは無いのでしょう。

そういうレベルの製菓会社ならば、こういう騒動が有ったとしても客足はそこまで減らないと思います。

ですが、このゴンチャロフ製菓は代わりなどいくらでもあるのでしょう。

だから不買の対象になりえる。

ゴンチャロフ製菓の会社としての評判

今回のニュースでゴンチャロフ製菓の評判は一気に下がりました。

ただ就職情報を扱っているサイトを確認すると、元々サービス残業が多かったりするようで労働環境は厳しい会社のようです。

こういうのを見ると今回のニュースのようなことが起こるのは、当然のことだったのかもしれません。

非常に残念です。

せめてこれからは労働環境の改善をしていってもらいたいものです。

外部の人間だから簡単に言えることですが、それは難しい事なのでしょうね。

悲しいことです。

それでも何とかこういった不幸な事件は減らす方向にしていきたいものです。